省令準耐火


省令準耐火構造は、隣家等からの火をもらわない、火災が発生しても延焼を遅らせる事の出来る構造です。

火の粉による建物の火災を防止できるよう外部 屋根、外壁、軒裏は不燃材を使用します。

室内で火災が発生した場合火災を最小限に食い止めるために各部屋を区画化します。

壁、天井には通常より厚い火に強い石膏ボードを使用し火が柱などに燃え移るまでに時間がかかることで避難や消火が可能となります。

又、壁の内側、天井裏を伝わっても火が燃え広がりにくいように「ファイヤーストップ材」天井裏には断熱材を設けた構造となってます。